読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引越

子供たちの成長に伴ってすっかり手狭になってしまった小さなマンションから、運良く見つける事が出来た直ぐ近所の一軒家に転居する事となった。
停滞する経済にこれ程まで影響されるとは思いもしなかった昨年末からの当社の事業、もしも運気と言うものがあるのならば、これを機に少しでも運が好転する事を、自分たちの部屋が持てた事を無邪気に喜ぶ子供たちを見る親の顔とは別の顔で考える。
※当日のメモ書きを整理して後日アップしたエントリーです。

トップ写真:新居のリビングに差し込む柔らかな日差し。