読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かたぶいと鉄砲水

4人の命が無惨にも奪われた那覇市の水路での、鉄砲水事故の現場近くに居合わせた。

沖縄では上空からバケツをひっくり返したのかと思う位に、ある箇所だけが土砂降りだったり、首里からやって来たモノレールが、晴れたおもろまちの駅に着いた時に濡れている事がある。方言ではカタブイ(片降り)というらしいが、夏場には普段から良く見られる現象である。

出来れる事ならば遺体など発見したくないと思いながらも、近くから濁った川面に目を凝らす。
罪も無い人たちの突然の理不尽な死。遺族の方達のやるせなさは想像すら出来ない。ご冥福を心からお祈りしたい。