読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政治・時事

3.11

一年前の今日、初めて経験する強い揺れに襲われた横浜の自宅で私は、机に向かって仕事をしていた。丁度、沖縄の友人と話をしている最中の事で、彼からの「地震、大丈夫ですかっ!?」というメールを最後に、夜までの暫くの間、停電に見舞われて一切の情報か…

もうマスメディアは要らない

宮城県知事との会談の際の松本復興(元)担当相の発言が繰り返しテレビに流され、その都度不快な気分にさせられる。わざわざ来てやった客を待たせるとは何事だ、九州人だから言葉が荒い、と等と公言する知能の低い政治家に復興を任せずに済んだ被災者には、…

航空運賃は妥当か?

幼少期の殆どの夏を島で過ごした私にとって、石垣島や隣接する竹富島は筆頭に上げたくなる様な大好きな島である。沖縄本島ではもしかして既に失われてしまったのかもしれない、南国独特の空気をたたえ、また八重山そばや海産物、そして果物等の食べ物も非常…

責任

場合によっては事業の継続の是非さえも検討しなければならないとの考えを事前にウェブサイトで見て知っていた、気仙沼のとある事業者ご夫婦との打合せ。それと平行して、私のビジネスパートナーと、少しでも役に立つのならばと伴った息子による後片付けが始…

気仙沼

まるでCGで作られたかの様な東北での津波の映像を見てから一ヶ月半。 渋滞の中、午後9:00を既に過ぎてようやく気仙沼に辿り着いた私たちは、市郊外のパーキングエリアでキャンプを張り、未だに冷え込む夜気に塗れて夜を明かした。朝5時に起きて簡単な朝食で…

勇気を与える

最近耳に残る言葉の一つに「勇気を与える」というのがある。言葉を良く知らないタレントや若いスポーツ選手が良い意味で使っているつもりなのだろうが、与えると言うのは贈る、授ける、支給する等々、持っている側や立場が上位の者が不足している側に、物や…

いばらの海

最初にお断りしておくが、私は辺野古への基地誘致容認に関して賛成・反対の如何なる姿勢を示している訳ではない。 ヤンバルに生涯の友と呼べる幾人かの友人と潜水漁の師匠がいる関係で、必要以上に神経質に事の成り行きを見守って来た一人のナイチャーである…

一人の少女の安全も守れない沖縄、と日本

気が付けば遠く離れた名護での市長選挙投票日まで僅か後3日。 日米の多くの人が、様々な立ち位置と主張から固唾をのんで見守るその投票結果の見通しが連日の様にテレビ画面から流れる。そこでは「これまで」と「これから」の二つの時間軸での、経済発展(飴…

クロスメディア禁止法案

CATV局を代表とする地方の放送メディアには、その母体や株主として新聞社が関与している事が多い。詳しく統計を取った訳ではないが、感覚的には、当社と何らかの形でお付き合い頂いているCATV局の1/3程が新聞社との資本関係を持っているのではないだろうか。…

東海岸

北東-南西方向に延びる沖縄本島の両側をそれぞれ西海岸と東海岸と呼ぶ。 地政学的なアプローチでなく、あくまでも産業の種類という観点で捉えた場合、西海岸は北谷から普天間、残波岬を挟んで恩納村のリゾートホテルが乱立する一帯を指す観光資源が開発され…

偽証・詐欺罪に問えないものか?

米軍基地の「国外、少なくとも県外への移設」と言う姿勢を打ち出し、沖縄県でも圧倒的な支持を得て誕生した現民主党政権。杞憂で終われば良いと願いつつも、想像していたとおりに選挙の進行に伴った基地問題を語るその口調のトーンダウンの背景にあるものが…

家族間殺人は企業の責に非ず

亀井大臣が経団連会長との会談で、家族親族間で起こる殺人事件が「増えている」事に、大企業が終身雇用制度を捨てて従業員や下請け企業を大切にしなくなった事が強く影響しているとし、体質を改めると共に更には内部留保を吐き出す様に迫ったと言う。 御手洗…

もう少し違った言い方があるはず

現在、区役所などの窓口で配布しているプール優待割引券は平成21年9月30日をもって配布を終了します。これに代わり、新たな割引制度として高齢者割引の導入やお得な回数券を販売することとなりました。詳細については、次のとおりですので、ご理解・ご協力を…

利便性は人口流出を抑制するか?

元来が映画好きの私ではあるが、映画館に足を運ぶ機会も近頃はめっきり減ってしまっている。 今年に至っては唯一、あの映画館の大スクリーンで見た映画が「崖の上のポニョ」。勿論、子供にせがまれて連れて行ったのではあるが、40代も半ばに差し掛かった私に…

防波堤には自己責任で

横浜港の防波堤や灯台での釣りが、規制される可能性があると言う。これらの場所は本来は立ち入り禁止であるが、これまで黙認されて来た経緯があり、釣り好きには勿論痛手だが渡し船業者にとっては死活問題であるらしい。 神奈川新聞のサイト「カナロコ」の記…

ODA裁判

インドネシアでの日本のODAによるダム建設によって住む場所を奪われ、約束されていたはずの政府からの補償金が得られず生活が悪くなったと、現地の地域住民が日本政府を訴えた裁判の判決が出たと言う。

無いものは無い、と日記には書いておこう

龍角散トローチの懐かしいCMに、主人公が「〜と、日記には書いておこう」で締めるシリーズ物があった事を憶えている同年代の方も多いのではないか。 女の子と仲良くなれた、良い事があった、と事実とは逆の結果を日記に書いておくと言うこのCMのコンセプトは…

かたぶいと鉄砲水

4人の命が無惨にも奪われた那覇市の水路での、鉄砲水事故の現場近くに居合わせた。 沖縄では上空からバケツをひっくり返したのかと思う位に、ある箇所だけが土砂降りだったり、首里からやって来たモノレールが、晴れたおもろまちの駅に着いた時に濡れている…

地方空港

14日のワールドビジネスサテライトで日本に約100あると言う地方空港を特集していた。北海道の観光地の小さな空港が利用客の激減に伴って廃止され、また大手航空会社が不採算路線の減便や廃止を加速する一方で、既に今年は富士山静岡空港が開港し、来年三月に…

道州制、3つでなく4つの立場

従来の道州制に関する議論は、霞ヶ関、地方自治体、そして地域住民の3つの立場の違いに基づいたものが多かったが、必ずしもそれだけではない事が門外漢の私にも少しずつ分って来た。それぞれの立場や思惑を考える際にそれらの3つに加えて、企業や教育機関等…

日本、自給自足の条件

選挙を控え各党の政策に対する評価はそろそろ出尽くし、投票日まで如何に議員の余計な発言や政策に対する認識のズレを世間に露呈させないかが、執行部の最大の関心事になって来ている。 そんな中、フィルモア・アドバイザリーは、自社サービスの数値データの…

和装は出世率を上げるか

ペンシルベニア大学の研究によれば、各国の出生率は社会・経済の発展に伴って一旦は下降するものの、ある段階を超えると増加に転じる傾向が見られると言う。その段階とは女性の職場環境や教育環境の向上によるものとの事。そして調査対象となった37カ国の中…

終戦記念日を前に

寝苦しくてなかなか寝付けなかった一昨日の夜中、思わずスイッチを入れたテレビから流れる下らない深夜番組にうんざりした私は、NHKにチャンネルを合わせる。そこに流れていたのは毎年この時期に流れる戦争の特集だった。いずれも夜中の番組、4本続けての放…

友達以上恋人未満

思春期の青年の感情の移ろいの様に、恋人同士になれるかもしれない、と思った途端にもじもじと尻込み...。ここでは、決してそんな乙女チックな物語について述べたいのではない。 これが民主党のマニフェストを見て素直に感じ、そして同時に残念に思った事で…

物乞い経済

レンタカーを返却する道すがら、新都心のツタヤに立ち寄る。少し長かった今回の沖縄滞在中の酒の席で、とある人から教わった名護・辺野古への普天間基地移転問題に関するルポルタージュ「アメとムチの構図-普天間移設の内幕-:2008年、沖縄タイムス社、渡辺-…

不要な道路と必要な道路

道路行政は往々にして、特に政治家による地元土木・建築産業へのコミットやその業界との癒着を取り上げて、問題視される事が多い。 以前、このブログでも触れた「地域再生の条件(本間義人著、岩波新書)」という本でも論じられていたが、交通網の整備が地方…

心の通った政(まつりごと)

大学を休学し、放浪の旅の行く先として選んだスペインで最初に滞在したのはマドリッドのアトーチャ駅近くの古ぼけた民宿だった。そこは私にとって始めて訪れた外国であり、その意味では外国の原風景ともなっている街並を今でも恋しく思い出す事がある。その…

海賊のこころ

「海賊のこころ」という本を読んだ事がある。何故か内容が頭に残っていないのだが、確かスールー海近辺の海岸線に住む漁師達が武装して海賊となっていった背景や海賊の本質を追求する内容のルポだった様な気がする。海や船が重要な位置を占めると言う必要条…

島の宝100景、って?

布団に入って読むロビンソンクルーソーや15少年漂流記に眠気も吹き飛びながら心ときめかしたあの頃から、あまり精神構造が変わっていないのかもしれないと言う事は否定しないが、離れ島、海、舟、冒険というキーワードを聞くだけで勤務中の眠気も気怠さも吹…

一国二制度

元は学者だったという通信事業者の方と、沖縄の居酒屋で話し込んだ事がある。それは、九州沖縄サミットを控えて沖縄情報特区の提言書について議論を重ねていた頃の事だと記憶しているが、曰く、既に沖縄は一国二制度を具現化した例であるという。しばしその…

二面性とリーダの資質

一方的な視点だけでは物事の本質を理解することは出来ない。物事に対する賛成や反対といった自らの立ち位置や観点、思惑、構想、そして人生観が変われば、単純だと考えていた事象も一気に複雑な様相を呈する事になる。天下り禁止法案に対する官僚の露骨な造…

これってお小遣い?

私は日常会話程度のスペイン語を話す事が出来るが、とある縁からスペインから訪日するサラマンカ大学の合唱団の通訳と言う大役を仰せつかった事がある。2000人近い入場者を集めたコンサート会場のステージでの団長インタビューの通訳でNHKの女性アナウンサー…

大麻が何故いけないのか

ヨーロッパに数年間住んでいた関係で、大麻やいわゆるハッシッシと接する機会が普通にありました。器用に片手で紙巻きタバコを作っている人を見て意味も無く感心した物ですが、その頃に聞いた通説は今も記憶に鮮明に残っています。それは、大麻が決して常習…

庶民感覚の国家元首?

麻生首相の総理大臣就任以降、親族企業の欠陥商品の問題が取沙汰されたり、果ては自身の夜の過ごし方が問題となったり、一体この国のマスコミは何を持って正義とし、そしてどの様な基準での取材を行なっているのか、ますますその疑問が強くなるばかりです。…

土地神話と海の邦

琉球大学での学生時代、所属していた研究室で飲み会をすると言えば与那原の社交街に教授共々繰り出したものです。普段は実験室にこもりながら、船上から海底に向けて発信した音波の反射記録による地層の解析を行なっている事が多く、それは大変細かい根気を…

地域のブランディング

宮崎を始めとする九州の観光産業界は、沖縄に観光客をとられたという被害者意識があると聞いた事があります。堅調な伸びを示す沖縄への旅行客数に反比例する様に九州への足は遠のいているとの見解によるものだと思い、沖縄県と宮崎県を例に、それぞれの県外…

マイ正義と歪んだ主義主張

皆さんはイルカと鯨の違いをご存知でしょうか? 私の勉強が足りないか或は定義そのものが変わっていたとしたら申し訳ありませんが、私が昔教わったのは、イルカと鯨の間に明確な種としての区分がある訳ではなく、成体の体長が3mを超えるか否かによって俗称が…

ネット規制法案問題のその後

6月2日に与野党が合意したとされる所謂ネット規制法案。それに対して楽天が懸念を表明したとの記事を見かけました。合意の内容は「何が有害な情報かを判断する第三者機関に国は直接的には関与しない」という点であるらしく、18歳未満のユーザの携帯電話への…

良薬は人の心にあり

仕事の関係である時期、日本各地の薬科大学や調剤薬局とお付き合い頂く事があり、その経験を通じて普段何気なく口にしている薬に対する認識が大きく変わった事があります。 今でもその時期になると家人との議論になるのですが、インフルエンザの予防注射はす…

忍び寄る影

相変わらずの周回遅れのエントリで恐縮ではありますが、やはりこの件についてはインターネットの世界の片隅でビジネスをさせて頂いている私としてもきちんと考える機会を持つべきだと思い、私見を述べさせて頂きたいと思います。 この件と言うのは、自民党と…

悲しみの残骸、前提とバランス

マリーwithメデューサ、紫、コンディショングリーン.....。 1983年に私が初めて沖縄を訪れた頃は、ベトナム戦争の頃に活躍した沖縄のハードロックバンドの余韻が色々な形でまだ残っている様な時代でした。その頃に出版された、Aサインデイズ〜喜屋武マリーの…

師匠 山城善勝 〜歴史から学ぶと言う事、歴史を解釈すると言う事(その3)〜

昨年から出場させて頂いているサバニ帆漕レース。初回のエントリーの相談をさせて頂いたおりに、事務局の方から次の様な話をお聞きしました。「座間味は、古くは琉球と中国との貿易の中継拠点であり、中国への航海自体が危険で命がけでもあった当時は、往路…

拒絶するオキナワ 〜歴史から学ぶと言う事、歴史を解釈すると言う事(その2)〜

安倍前首相による幻の所信表明の中の沖縄に関するスピーチが前回の物と一言一句違わなかった事を受けて、内閣の沖縄に関する関心の低さを指摘する報道がありました。ただ、その直後の、舫を解いてまさに出航せんというタイミングでの船長の下船という背景を…

祭りの季節と北からのメッセージ

昨年、子供とのキャッチボールの際に痛めた右肩の調子が一向に良くなる気配を見せず、そのせいもあって弓の稽古は休みがちになっています。友人によれば、「使わないのが快復の一番の近道」との事、しばらくは弓を引きたい欲求を抑えつつ、様子を見ながら無…

教科書検定問題 〜歴史から学ぶと言う事、歴史を解釈すると言う事(その1)〜

さて、週末にかけて静岡の真夏日や野球の事以外にも、いくつか考えさせられる出来事やニュースがありました。 例えばYouTubeによる「YouTube Awards 2006」受賞作品の発表(http://www.youtube.com/ytawards)、AppleのiTunes StoreでのMLBハイライト映像の…

報道の露出と受け手側の論理

先日、職場の後輩に「ワイルドソウル(垣根涼介著、幻冬舎文庫)」という文庫本を借り、基本的に読書は好きでも最近はなかなか手に取って読み始めるきっかけが掴めないでいた私ですが、地下鉄での移動時間や寝る前の僅かな時間を積み重ねて、結局上下刊を3日…