読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弓道

今年も宜しくお願い致します。

新年のご挨拶に代えて (今年は都合により、新年のご挨拶を控えさせて頂いております)これまで取り組んで来た事業の問題や、中でも某企業の社会的にも許されるはずのない、とある対応が原因で、止む無く訴訟に持ち込まざるを得なかった事などが背景にあった…

高校弓道

野球でも有名な在那覇市の某高校の弓道部の練習を見る機会に恵まれた。野球部に用事があるという友人に同行して訪校した際に、グランド脇の弓道場が目に留まった私は、始めてみる高校弓道の稽古に暫し見入る。 代わる代わる行射するその矢数やインターバルに…

最低50射

最近の弓道場での稽古の際には、最低でも50射を行なうというノルマを自ら課している。今年前半は、仕事や仕事にまつわる精神的な余裕の無さから、足繁く道場に通って行射をすると言う時間が持てなかったため、今使っている強い弓を引く事が辛くなり、道場の…

弓の外竹縦割れ

外竹の破損を笄(こうがい)と言うらしいが、弓の師匠から預かっている大切な肥後三郎の縦割れの補修跡が浮き上がって来た。 これは一大事と道場の先輩に相談した結果、浮き上がった部分を貼付ければ良いとの事、弓を自宅に持ち帰り修理を試みる。 自宅の居…

泣きっ面と巻き藁に蜂

自宅を抜け出して、弓の稽古に行く。この日は仕事の関係で断念せざるを得なかった弓友会の合宿練習の真っ最中だった為、道場には5人程の先輩諸氏が居るのみ。 暫く稽古を休んでいたため、いつもの弓が普段より強すぎると感じている私は、矢数を増やす為に巻…

十射二中を大いに喜ぶ

約3ヶ月振りの道場での月例射会。沖縄で土日を挟めなかった理由の一つがこれ。久しぶりの参加を喜んでくれる弓友(と呼ぶのはおこがましい人生の先輩ばかりだが)に紛れて、いつもの十射を無事にこなす。 巻藁での行射をする時間も無く、不安だらけのいきな…

肩の力を抜いて

例えば野球の世界でも、ヤンキースの松井の様にバッターボックスで軽く肩を上下に揺するようにして力を抜いたりする選手がいるが、これは極めて重要な事ではないだろうか。 バッティングの場合は本質的にはインパクトの瞬間に最大限の力をボールに伝えれば良…

矢の行方

私の様な初心者が弓道に関する記事をブログに書くのは実に難しい。それは指導頂いている先生や先輩このブログを覗かれて注意されると言う意味ではなく、私がつたない感想や疑問を書き連ねる事によって、読者に対して私の指導者の技量に疑問を抱かせる事にも…

弦音

「汚いから早く替えなさい」と言う先輩の指導も聞かずに、弦切れの時の処理を覚えるためだと、なるべく切れるまで弦を変えないようにしていたが、先日の巻き藁での稽古の時に目出度く弦が切れた。現在は23Kgの弓を引いているため、本来は少し太い弦にする必…

新春の祝射

所属する弓友会の新年射会、気温は低いものの晴天に恵まれて、何とも言えない穏やかな一日を過ごす。年末〜年始にかけて3週間近く弓を引く機会が無かったが、最初の祝射は何とか羽分けに。 午後からの余興では、毎年恒例の杉板、白扇、金的に加えて、チーム…

安土の整備

年内最後の月例射会に先駆けて、午前中は弓友会が総出で道場の清掃を行なう。例年私が仰せつかる役は安土。 安土整備チームの中でも40代半ばの私は年少の部類に入るが、皆それぞれにコテやスコップを持っての共同作業は年末の風物詩の様。 安土に追加する砂…

ブラウザ考〜戦うプログラマー〜

業務上やむを得ない必要に迫られてWindows OSのノートパソコンを使う機会が増えて来ている。外出の際には、従ってPowerBookは持ち歩かない為に、メールチェックやスケジュールの確認等をWindows上のブラウザで行なう羽目になるのだが、その事によって図らず…

手の内と弓懸けのバランス

弓の先生にお借りしている大切な肥後三郎を手にして臨んだ最初の射会で、思いもよらずに10射7中の好成績を収めたのがピークだったかのように、その後の射は下降の一途を辿り、遂には安土まで矢が届かない事態にまで陥ってしまいました。それなりに強い弓をひ…

発想の連鎖反応

少し前の事になりますが、以下の様な記事を執筆した事があります。タイトルは「すぐ身近にある未来」、2005年10月の事です。(ある晴れた日の午後、ウォーターフロントにある芝生が奇麗な公園のベンチに腰掛けた若い女性が雑誌を読んでいます。その雑誌をよ…

幻のトップフィニッシュ'2007

私も普段から使うことがある「言うのは無料(ただ)」や「言ってみない事には始まらない」という、いささか無責任でもあり且つ思い悩むよりも先ず行動をという、強いてどちらかと言えば建設的とも取れなくもない言葉があります。それは、私が所属する弓友会…

中れども離れ美しからず、引分けに苦しむ

調子が良くなって来た肩の様子を見つつ、久しぶりにうっすらと汗をかくほど弓を引いてきました。ここ4年程、弓力17Kgの弓を引いていますが、稽古の後半では余計な力を使い過ぎた為に筋肉が震える程になり、初めて自分の弓を強過ぎると思ってしまいました。い…