読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨット・マリンスポーツ

さらばGyngyla2

宮川湾から油壷までを小雨降る相模湾沿いに回航し、長年に亘って共同所有して来た小さなクルーザを廃船業者に引き渡した。手に入れた当初は、まだ小さかった長女を伴って船内で宿泊をしたり、大島まで渡航したりと活躍してくれた船だったが、晩年はあまり乗…

気象庁のデータベース

気象庁のウェブサイトには膨大な量の風向、潮流、潮汐データがデータベース化されていて、誰もがウェブサイトからアクセス可能になっている。海洋学という学究の世界から離れてやがて四半世紀になろうという我が身の事はさておきつつも、アカデミックな用途…

4月10日はヨットの日

以前ウェブで調べてみた事があるのですが、4月10日は随分前にヤマハが商標を取得している知る人ぞ知る「ヨットの日」。実は、私が所属するディンギーやウィンドサーフィンを中心とした「剣崎ヨットクラブ」では、6年前からこのヨットの日を祝い、皆で酒を酌…

幻のトップフィニッシュ'2007

私も普段から使うことがある「言うのは無料(ただ)」や「言ってみない事には始まらない」という、いささか無責任でもあり且つ思い悩むよりも先ず行動をという、強いてどちらかと言えば建設的とも取れなくもない言葉があります。それは、私が所属する弓友会…

クラゲ問題と大型車両

先のエントリーの中で、古い友人の今の様子を表現するために、古い歌の歌詞の一節でもある「女房子供に手を焼きながらも」と書いた文章に目を付けた家内が、「何故手を焼いていると分るの?」と私に聞いて来いてきました。手を焼くと言う表現が、家族の事を…

デッドヒート

前の週の勝負プレゼンが終わり、ホッと一息つきつつ週末を過ごしています。講演をさせて頂いた日を機会に当社のウェブサイトへのアクセスが急増しており、またオンデマンドで配信しているセミナーの映像の視聴数も日本全国から50を超える等、大変有難い事に…

三浦の海、座間味の海

灼熱のサバニ帆漕レースから気づいてみると早くも二週間が経過、レースの余韻と興奮がようやく沈静化しつつあり、一週間前の社会復帰へのリハビリの頃が懐かしくさえ思えます。 まるで天国の様な座間味の海は20年以上前の学生時代に訪れた頃と何も変わってい…