読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プライベート・雑感

オガウエガイキハチムモモモン

故筑紫哲也氏の番組を見て涙したことがある。各国を歴訪した江戸末期の外国の外交官の記録の中に「この国の人々は、貧しくとも一様に礼儀正しく勤勉で、家々の鍵も掛っていない。何よりこれ程朗らかな子供の笑顔を初めて見た」との、日本に関する記述があっ…

朽ちゆく宝

友人から、那覇のホームセンターにサバニが置いてあるとの情報を貰った私は、早速仕事帰りに立ち寄ってみる。よく見ると件の舟はサバニではなく、大正時代に和船の長所も取り入れて考案された、奄美大島のアイノコだった。サバニは他の地域の海事文化に強い…

飽食の島

貧乏学生だった私にとっての当時の最高の贅沢は、辻にあったステーキハウスの定食と、海人修行をしていた辺戸名の食堂のボリューム満点の肉そばだった。それから20数余年。カレーライスにライスを注文する程の食欲は遠い昔に失ってしまい、人様より少し多め…

ナイチャーの孤独

学生時代、与那原の酒場街で乱闘騒ぎを起こした後に、酒に潰れてスナックのソファーで寝てしまった事がある。翌朝一人目覚めた私は「戸締りして帰って下さい」との書き置きが添えられた鍵を目にして驚いたものだ。若気の至りの反省と共に、おおらかで優しい…

貝のアンダースー

干潮で露出した岩や石ころだらけの海岸を歩く。岩のあちこちには、ミナ(長崎の方言名、蜷貝やシッタカとも呼ぶ)が沢山へばりついていて、一つずつ持って来た篭に入れていく。やがて夕暮れを迎えようとする海辺に、穏やかに寄せる波の音と、老いた母や子供…

ミーカガンの泡

「ミーカガンが出来たよ、お風呂で試そう」と、下の娘との入浴。私の手には加工したてのミーカガン。レースと言う形でサバニに乗って6年、今までは興味がなかった木材の名前に触れる機会が増える。ミーカガンの材料はモンパノキ、サバニの船体は飫肥杉、フン…

帆掛けサバニの魅力

サバニ帆漕レースのスタートである慶良間の島々は、どんな言葉によっても表現し尽くせない美しい海を湛え、そのエメラルドや砂浜の白と対局をなす黒い船体や赤茶けた帆は、この世の物と思えない程の存在感をサバニに与えている。沖縄の海辺に普遍的に存在し…

地域のブランディング

サバニを通じて知り合った米国の船大工・和船研究家のブルック氏曰く、「数ある和船の中でも沖縄のサバニだけが、レクレーション用途で脚光を浴びる事によって復活を果たした幸運な舟である」と言う。日本各地で、乗り手も作り手も途絶えてしまった和船を見…

海辺の暮らし

縁あって海人写真家古谷千佳子氏の作品をじっくり見る機会を得た。氏が描き出す銀海の世界には紛れも無く、私の結婚式に参列する約束を果たさぬままこの世を去った、大好きだった漁師の祖父の姿があった。 少年時代の夏の殆どを過ごした長崎県壱岐での夜、祖…

変わりゆく街並

琉球大卒業後の十数年間は東京で仕事に忙殺され沖縄から遠ざかっていた為、その間の中南部の街の変わり様には後に随分と驚かされ、道の変化には戸惑わされた。かつて入り組んだ裏路地にあった鄙びたおでん屋がいつの間にか大きな通りに面していたり、学生時…

海洋民族の記憶

今日、久末五勇士による130Kmに及ぶ決死の航海の話を耳にする機会は余り無い。帆掛けサバニを求め現地の友人と宮古島を巡ったある夏の日、立寄った久松漁港で次の話を聞いた。 伊原間までの先人の航海が、言い伝えられた時間では不可能だとする意見に反論し…

ウチナージラー

大学での講義中、西語の教諭はどことなくラテン系な、英語の教諭は英国紳士的な風貌だと感じていた。環境や生活が人の顔を作るという事は多分にある事に違いない。沖縄を離れ四半世紀経た私の顔はナイチャーそのもの、県出身の彫の深い紅顔の美少年だった友…

金城哲夫

琉球大学を卒業した後も俄には沖縄を去り難く、辺戸名の漁師の親方に頼み込んで漁の修業に打ち込んだ時期がある。山原の港町での毎日はそれ自体がエキサイティングなダイビング漁を基調とし、且つ毎夜の熱く激しい酒の席。長崎の漁師だった祖父の影響から海…

沖縄そばと泡盛

琉球新報のコラム「南風」の寄稿で没にした原稿その2。未完成で少々荒削りですが...。 昔、法事で暫く那覇に滞在した後に横浜に連れ帰った長女が「横浜そば」を食べたいと言いだして笑わされた事がある。皆で一緒に食べた美味しい沖縄そばを横浜でも食べたか…

地域のブランディング

今の若い世代には想像もつかないだろうが、インターネットのブラウザで表示される情報は文字だけという時代があった。これはネットワーク通信に負荷をかけない為で、当時はメールに添えるサインも行数を控えていた程である。 それから四半世紀以上の時を経て…

久しぶりの自宅

約2ヶ月ぶりの帰宅。照れくさそうに私を見る次女の笑顔が印象的だ。息子とはかねてより約束をしていた、野球対決。フェンス代わりの土手やバックネットも備えられている近くのグランドで、ピッチャーとバッターに分かれての真剣勝負。打球が飛んだ方向によっ…

今年も宜しくお願い致します。

新年のご挨拶に代えて (今年は都合により、新年のご挨拶を控えさせて頂いております)これまで取り組んで来た事業の問題や、中でも某企業の社会的にも許されるはずのない、とある対応が原因で、止む無く訴訟に持ち込まざるを得なかった事などが背景にあった…

恵みの大地

春には土筆が顔を出すいつもの公園近くの傾斜の急な空き地で、食べるには少々育ち過ぎてしまったフキノトウを見つけたのは昨年の事。 排気ガスをまき散らしながら始終車が行き交う国道16号線からも数100mしか離れておらず、また住宅地の真ん中にあるそんな土…

瀬戸内の海

京都に住んでいた子供の頃には、家族ぐるみで行き来していた親戚の家に住む仲の良い従兄弟に会うために神戸に頻繁に訪れた。また、高校の終わりには親しくしてくれていた大阪の先輩とともに、坂本龍馬に憧れて高知を旅した事もある。 そんな限定された経験に…

写真に替えて

遠く左方眼下に目的地である神戸空港を臨みながら、姫路の手前上空付近で急旋回した機体は、登ってまだ間もない太陽に向かって徐々に正面に進路をとる形になってゆく。 陽の光に温められ始めた1月の冷えた瀬戸内海の水面は次第に靄を発生して、彼方に広がる…

廃盤CD、38,000枚

社団法人日本レコード協会による定価の最大70%OFFという廃盤セールがあるというので、会員登録をしてサイトを覗いてみた。セールのタイトルは、「レコードファン感謝祭」。中学生の頃にせっせと通った町のレコード店の懐かしい匂いを思い出しながら、今はウ…

祈りの日々と言葉のちから

景気の低迷の影響に沈んでいた昨年のある時期に、とある人から言われた言葉がある。 「人間の力だけでは何ともならない事がありますからね。」 その言葉は、私の背中に張り付いていた澱の多くを引き剥がし、同時に腹の底、丹田の気力をも瞬時に甦らせた。 そ…

サバニキチガイの年末

今年の後半、平均すると月に1回のペースで沖縄への出張を重ねた。 出張の主な目的は、地元のケーブルテレビ局との共同事業であり、且つ日本初の試みでもある視聴者や地域のスモールビジネス参加型の地域ポータルを立ち上げるというプロジェクトの準備である。…

優しい唄

iichikoのコマーシャルで耳にする事の多いビリーバンバンの唄にハマっている。 実際には、そのCMのオンエア回数はそれ程多くないにも関わらず単に私の耳に残る事が多いのという事かも知れない。 秋になるとここ数年、歳のせいか不況のせいか、昔ながらのテイ…

長雨

大学生活で沖縄を知り、嫁いだ妹やビジネスの関係で北海道を知った私は、誠に幼稚な発想ながら南から順に梅雨入りする日本列島を北上して梅雨を避ける生活をしたいと考えたり、同様に日本を移動しながら少しでも長く桜を見ていたい等と夢想した事がある。そ…

週刊雑感習慣

□10月23日(5):美味しいと評判の那覇市おもろまちの「けんばーのすばやー」に行く。 プレハブ風の店舗は前を通る度に目に留まっていたが、店に入るのは初めて。ちょっと前に行った「てぃーあんだー」同様に、ソーキ肉等の具が別皿に盛られているが、これはど…

週刊雑感習慣

□10月20日(4):サッカー日本代表の愛称に「SAMURAI BLUE」。サンスポ等。発表会場には唖然とした空気が流れたと言う。ドイツでのワールドカップの時の愛称の再利用と、ここでもエコロジーに配慮か。それにしてもドイツの時も含めて何故愛称がいつも英語なの…

久しぶりの虎ノ門 〜極めて高額、かたや無料

所用で何年か振りに特許庁を訪れる。人間の生命という最も大切な財産を預けるのでさえも民間の病院であるにもかかわらず、知的財産の管理が何故に国の機関である必要があるのか、という疑問の声を耳にした事を思い出しながら、相変わらずのものものしいセキ…

ビジネス界の礼儀作法

雑誌の記事をXML化する事によって、読者が興味がある連載や特集のみを購読できるようにしたり、場合によっては雑誌をまたがって記事を選択し読者独自のオンラインオリジナル雑誌に仕立て上げる、というサービスが出来ないか考えた事がある。後者の場合は記事…

防波堤には自己責任で

横浜港の防波堤や灯台での釣りが、規制される可能性があると言う。これらの場所は本来は立ち入り禁止であるが、これまで黙認されて来た経緯があり、釣り好きには勿論痛手だが渡し船業者にとっては死活問題であるらしい。 神奈川新聞のサイト「カナロコ」の記…

チョコレート電車

移動中の山手線ホームに見慣れない列車が止まっている。 茶色く塗装された車体には、山手線命名100周年の文字が見える。100年前と言えば当たり前だが1909年。今では3〜4分置きに電車がやって来る超過密運行をしている山手線だが、当時はこのチョコレート色(…

秋の海

沖縄への出張の合間に、海に行ってみた。打合せを控えた私たちは、もちろん海に入る事は無いが、晴天に恵まれた砂浜には未だ夏の気配が色濃く残っている。 ふと目を向ければ、200m程離れた砂浜に、幼稚園か小学校の低学年らしき子供たちの集団がいる。9月も…

香辛料考

刺身には山葵(わさび)と相場が決まっているのかもしれないが、最近は柚胡椒がマイブームである。宮崎の地鶏のもも焼きには決して欠かす事の出来ないこの香辛料だが、刺身はもちろんの事、じゃこ天や蒲鉾等の練り物、そして冷や奴までその応用範囲を着実に…

ODA裁判

インドネシアでの日本のODAによるダム建設によって住む場所を奪われ、約束されていたはずの政府からの補償金が得られず生活が悪くなったと、現地の地域住民が日本政府を訴えた裁判の判決が出たと言う。

宗教

全ての日本の宗教団体の信徒数を合計すると日本の人口を超えるという話を聞いた事がある。 また七五三は神道、結婚式はキリスト教、葬式は仏式で行なうと言う事も日本人の宗教観を揶揄する表現として良く用いられる。 そんな日本に住む神道の家に生まれた私…

引越

子供たちの成長に伴ってすっかり手狭になってしまった小さなマンションから、運良く見つける事が出来た直ぐ近所の一軒家に転居する事となった。 停滞する経済にこれ程まで影響されるとは思いもしなかった昨年末からの当社の事業、もしも運気と言うものがある…

かたぶいと鉄砲水

4人の命が無惨にも奪われた那覇市の水路での、鉄砲水事故の現場近くに居合わせた。 沖縄では上空からバケツをひっくり返したのかと思う位に、ある箇所だけが土砂降りだったり、首里からやって来たモノレールが、晴れたおもろまちの駅に着いた時に濡れている…

サイクリング2時間、往復6時間。

珍しく仕事が立て込んでいる今年の8月。 小学生最初の夏休みにもかかわらず、何処にも連れて行ってやれない事が不憫でならない次女のリクエストに応えて、一家総出で立川の昭和記念公園にサイクリングに行く。 前回は私との2人乗りだった次女は、自転車に乗…

秋の気配

いつもは子供と一緒の地元のプールに一人で訪れる。 この日は車が使えなかったため、初めての自転車での約20分の行程で程良くかいた汗をしずめようと、海岸の防波堤から夕暮れの海を臨めば、いつしか風は北東からの涼風。 沖縄風に言えば10月に吹くミーニシ…

1リットル約100円

軽油、スーパーで売っている紙パックのコーヒー、コンビニの同じく紙パックのお茶、ミネラルウォーターやスポーツドリンク、そしてガソリン。 他に挙げればまだまだあるが、これらは1リットル当りの値段を安い順から並べたものである。こうして1リットルの値…

和装は出世率を上げるか

ペンシルベニア大学の研究によれば、各国の出生率は社会・経済の発展に伴って一旦は下降するものの、ある段階を超えると増加に転じる傾向が見られると言う。その段階とは女性の職場環境や教育環境の向上によるものとの事。そして調査対象となった37カ国の中…

海を見つめ直す夏

Yahoo!Japanのトップページに掲載された、日本のマリンレジャー人口の減少を憂いた記事を斜め読みしている最中に、登録してあるメールマガジンから日本列島知恵プロジェクトというものが始まったとのニュースを受け取った。 Rolexのサポートによる同プロジェ…

大人も楽しめるスポットとうどん依存

石川県能登のとある有名な旅館の社長の講演を聴いた事がある。 成功した一軒の大きな旅館が、地元の食材業者や、各種消耗品店、果ては新聞販売店に至るまでの、地元に及ぼす経済効果には絶大なものがあるという例を聞かせてもらった。 その中でも印象に残っ…

灼熱の中の静寂

10時53分。まるで俄雨でも来るかのように周囲が暗くなり、それまで強烈に降り注いでいた太陽の力強さが徐々にかき消されていく。つい先程まで、夏を謳歌していたかの様な蝉の鳴き声のシャワーも、いつの間にか止んでいることに気づく。 たまたま沖縄本島での…

梅雨明けの夏空

時間とともに季節が移り変わる。 その時の逃れに抗うかの様に、梅雨明け間近の沖縄では豪雨が降り続き、そして約2週間後の横浜ではベランダの観葉植物を吹き飛ばさんばかりの強風が吹き荒れていた。 やがて力尽きた様に雨がやみ、また風の収まりとともに、今…

野球の裾野

久しぶりに弓の稽古に行こうと思っていたが、弓道教室が開催されていて道場が使えない為に息子の野球の試合の応援兼運転手に駆り出される。 少年野球を観戦に来ると必ずと言っていい程思う事がある。それは組織化されたチーム運営とそれに掛けるコーチの努力…

螺旋階段

仕事の打合せのために、何年振りかの埼玉県のとある街を訪れる。駅を降りた私は、恐らく同じ目的地に行くのであろうネクタイ姿の会社員2人がタクシーに乗込むのを横目で見つつも、健康と節約の為に歩いて目的地に行く事に決めている。 梅雨の合間の曇り空か…

中学校文庫

休日に中学校の図書館を使って行なわれると言う、小学生低学年を対象とした英語教室に下の娘を連れて行く。 普段はそのような送り迎えは何らかの理由を付けて断るのだが、サバニ帆漕レースでしばらく家を空けていた私には、家内の命令に従って家族サービスに…

最近の気分

熟練した老船長という訳でもなく、またユリシーズ号の様に北極海ではなく南国の海に漕ぎ出すのではあれども、最近は何となくこんな気分になっている。 友よ、来れ。 新しき世界を求むるに時未だ遅からず。 船をつき出し、整然と座して とどろく波をたたけ。 …

サラリーマンのオアシス

夕方4時に桜木町で待ち合わせての打合せ。梅雨入りした直後にも関わらず程良い日が射す天候に誘われて、「折角だから海でも見ながら話しませんか?」と、みなとみらい方面へと歩く。 海の日の総帆転帆を待つ日本丸の前の階段に腰掛けたビジネスミーティング…